チラシの裏でやれ

ただのひとりごとです

メンヘラとゴキブリの話

 

 

前略 この日記書き終わった後のわたし

 

どうも。案の定サボりまくってこんにちは

 

最近は著しく調子がよくないです

教室で絶叫した話はしましたっけ?

 

してないようなのでします。

最近は調子がよくなかったけど頑張って授業出てたんですが、って授業出るのは当たり前頑張ったうちには入らないですね。

話を戻す。授業出てたんですが、やっぱり自分の中で「授業に出る」っていうのは体力をひどく消耗することで。

音ゲーってあるじゃないですか。一曲につきハートが消費されて、0になったら回復しますよね。そんな感じ。みんなが授業に出ることはデッキ編成と大差なくて、ハートは消費しないのかもしれないけど、わたしにとっては授業はハートをかなり根こそぎ奪われる物で。それって人それぞれだと思うけどね。だからハートがなくなったらしばらく放置して(早退、学校休むとかして)回復するか、課金(準備室に引きこもる)するしかないんです。

えっと、なんの話だっけ。そうそう思い出した。そんなこんなで、授業にずっと出ていたからかなりしんどかったわけです。些細なことでイライラして、その些細なことがずっと頭に残って何時間もイライラしている状態。常に緊張していて肩が凝って休まらない。

そんな時、超しょうもない事件です。

 

お昼休み、お弁当を食べてのんびりしているわたしの元に、隣のクラスの男の子数人がスルスルーっと寄ってきて、わたしの顔面の目の前にゴキブリのおもちゃをすっと差し出しました。

これです。わたしの限界点、これです。

厳密に言うと、引き金は「ゴキブリ」でなく「その後の周囲」なんだけどね。

虫が大の苦手なわたしは飛び上がったんだけど、その時周りの子たちが「あいつうるさい」「死ね」という目を向けてきたもんで(死ねは盛った)、わたしは「わたしじゃない、わたしのせいじゃない」とか「わたしのせいだ、死ね」とか「お前も殺してやろうか」とか色んな気持ちがぐじゃぐじゃになって、パニックになって大絶叫して大泣きしながら教室を飛び出したというわけです。完全にキ○ガイですね。

 

その後は準備室に飛び込んでわあわあ泣いて暴れまくって、それから少し落ち着いてきたら「ゴキブリに大騒ぎするより大絶叫して大泣きした方がキモいなあ」と頭の隅で考えて、また少ししたらそれ以外頭になくなって「また嫌われる」「また居場所がなくなる、ただでさえ無いのに」とまた大パニックで息がしづらく(比喩でない)なりました。とさ。

 

でも今回の事件(?)、悪かったのはゴキブリ案件ではない。ゴキブリ案件が「引き金」になっただけで、多分ゴキブリじゃなくても、座る瞬間に椅子を引かれたとか後ろから驚かされたとかでも多分こうなってたと思う。些細なことなんです、すべては。

 

人は誰しもコップがあって、それがどんな大きさでどんな仕組みなのかは人によるんだと思う。大体の人は同じ大きさで、中に溜まった水は色んなところに捨てて(発散して)、上手いことやりくりするんだろう。

だけどわたしや、わたしみたいに上手く生きられないひとは、溜まった水をどこにどう捨てたらいいのかもわからないし、捨てたら迷惑になるかも…とか余計なことをたくさん考えて、水のことで手一杯になって、どんどん水かさが増して、最終的にはたった一滴の水が引き金となって、コップの水が溢れてしまうんだと思う。でもその溢れた水を慌てて集めて入れるのもまた同じコップなので、しんどいが堂々巡りになるんだろうと思う。

 

生きづらいですね。草々

メンヘラがやや病んでいる話

 

 

どうも。

 

今日は月曜日だったんで死ぬほどげんきだして授業フルコンプしました。そのせいで死ぬほど疲れてご飯も食べてない。

今週も始まってしまった。水曜が休みなのが救いかもしれない。隕石でも降らねえかな

 

なんとなくわかるかもしれないが死ぬほど元気がない。人生を案じています。南無南無

 

寝ているだけでも疲れるのでもしかしたら体年齢が90代を回っているのかもしれない。体が全部きれいになったら楽になるだろうか。

 

そういえば、昔は真っ暗なところが苦手で(たぶん押入れとかに閉じ込められてたから)電気つけなきゃ寝られなかったんだが、最近は電気がついていたら寝られなくなった。電気消したら怖いんだけど、電気がついていたらそれも怖くてダメなのである。わがまま。

 

書くことがまとまらない。感情がぐちゃぐちゃでよくわからない。

長いこと付き合いのある友人に病院をすすめられたんだけど、実はわたしお恥ずかしいことに一人で病院に行ったことがないから怖くて行けない。母は病院とかが嫌いで、父が「俺うつかもしれない」と言った時、変なこと言わないで!そんなわけないでしょ!と怒っていたので連れて行ってはもらえないだろうから一人で行くしかない。

 

とは言ったものの今のわたしはほんとに冗談抜きで甘えているだけなので病院なんて行く資格はない。カウンセラーの先生と話してみるかと担任に言われたことがあったけど、その時もわたしは甘えているだけでカウンセリング受ける資格がないので断った。

 

親から死にかけるほど虐待をされたことがあるわけでもなく、ご飯をもらえなかったわけでもなく、いじめられたことがあるわけでもないから贅沢は言えない。甘えているだけだとほんとにわかってるんです。

 

わたしより苦しい人は山ほど居るので、その人たちに失礼だから苦しいという資格はないと思う。

生きて居る資格もあんまりない。わたしは甘えられる環境と人に甘えているだけなので苦しくもなんともないんだと思う、本当は。甘えるのはやめよう。やめなきゃいけない。

あしたも授業出なきゃいけない。朝起きたら死んでたらいいのに

 

一人になりたいのに独りにはなりたくないな。また明日

メンヘラとバイトの話

 

日曜日、嫌いではない。

 

明日学校かあと思うと落ち込むときもあるけど、基本的に学校の前日の夜は元気だ。明日は頑張るぞ〜!という気持ちで生きている。

 

わたしの1日はわかりやすい。

まず朝起きて、今日も朝が来るのか、と気分が落ちる。それから死んだ顔をして準備して学校へ行く。学校へ行っている間は不安定で、5秒おきくらいに気分が変わるので、数分前に爆笑していても数分後には泣いていることもある。窓から飛び降りたくなるのを堪える。階段から人を突き落としそうになるのを堪える。死にたいと生きたいが同時に押し寄せて来る感覚は気持ち悪い。もがいている感覚とそっくりです。

学校が終わる頃にはくたびれまくっているけど終わりだと思うとやや元気。帰り際は最高に元気で、今日も一日やっと終わるんだと息がしやすくなる。

家に着いて一人の間は元気だが、両親が帰ってくるとまた落ちる。このあたりでまた余計なことを考えて落ちる。そして今日一日の反省会を頭の中でして、今日一日の悪かった自分を脳内で何度も何度も殺して、それから寝る用意をする。

 

こんな感じで、毎日毎日非常にわかりやすい人生である。いつも同じパターン。

 

もしかしたらわたしは毎日同じ日を繰り返しているのではないかと思うこともあるけどそんなのやっぱり5秒で消える。

それはそうと、最近予測変換が仕事しないしキーボード打ちにくい。なんで?

 

こうやって日記をつけてわかったことはまだあんまりないけど、なにもない休みの日はやっぱり元気なんだなということがわかった。忙しかった今までは、1日丸々何もない日の記憶がほぼなかった。そんな日がなかったのもあるけど、記憶能力がほぼゼロだった。いや今もだけど。

今日何をしていたかいまいち思い出せない。何もしてなかったのだと思う。今日の晩ご飯も思い出せない。何食べたっけ。

 

そうそう、バイト先にシフトを書きに行ってきた。

 

もう職場に行くのが困難になった挙句休職中で「ひとまず11月は休みます」と言ったんだけど1ヶ月しか休みを貰えなかったので来月からは頑張るんです。わたしよりしんどい職場の人なんてゴロゴロいるので、あんまりしんどいしんどい言えない。わたしなんて甘えているだけなんですよね結局。

 

話を戻す。シフトを書きに行ってきたんだが、まず店に入った途端猛烈にやってくる死にたさは心霊スポットに似た感じがあった。事務所のドアを開けて店長の顔を見た途端、まずぶち殺してやりたいと思って次にぶち殺してくれと思った。

 

真横からの威圧を受け、12月は10,11(叔母と大阪旅行にいく)と、24,25(予定が入るかも)だけ休んでそれ以外は1月の6日までフル出勤でシフトを書いてきた。こういう自分のこと考えられないシフト書いちゃうのやめたほうがいい。死にたい。

 

バイト先の人たちとは仲良いし嫌いじゃないんだが、2年半以上続けて言うのはなんだけど人と接する仕事で働くことに向いてないと思うからしんどい。しんどくない

主婦の人と一人の男の人を除いたら、ほぼ歳上の後輩しかいないので「ここまできてしまったんだなあ」と思った。昔は歳上しかいなかったのになあ。

 

話がやっぱりまとまらない。

なぜかイライラしてきたので終わる。起きたらみんな死んでますように。また明日

メンヘラと殺人鬼の話

 

 

へろー。

 

 

今日は気分がいい気がしますけどわからない。気分悪くはないんだけどひどく疲れています。金曜日にミュージアム見たからかな。

と言うわけで今回は謎テンションのまま映画の話をする回です。メンヘラな日記が毎日重いと思うなよ。

 

何を隠そう私、「ミュージアム」を見てきた。

 

1年生のときから仲良しの、オネエに片足突っ込んだ千葉雄大と行ってきた。映画がなかなかよかったのでハイテンションです。頭痛がひどい。

 

ミュージアムはイケメンがこれでもかと出てくるスプラッタ版のイケメンパラダイスなんだが、特に野村周平が良かった。単純に野村周平が好きなだけ。

軽いネタバレになるので見たい人は控えて欲しいんだけど、野村周平は途中で死んでしまう。小栗旬はそれを目の前で見るという、ぐうゲロ重シチュエーションを主食として生きている腐女子としてはごちそうさまでしたという気分でした。あとあの刑事ドラマによく出てる人とか(最高に名前思い出せん)。妻夫木聡も出てたけどイケメン枠ではないので除外しておく。

 

話のあらすじをざっくり書くと、カエルがいっぱい殺して小栗旬が怒る映画だ。(バカ)

 

小栗旬の嫁役が尾野真千子なんだが、泣きじゃくる姿にちょっと興奮した。おもらしくらいしてくれたら白米いけた。小栗旬がとにかくよく叫ぶので、もすこし静かに叫んではくれないかい?と思った。映画見んなってはなしですよね。

 

あ、超話は逸れるが、前に「君の名は。」を見に行った時席がスカスカで、わたしの後ろの後ろに座った人が座席に足を乗せてサラダやらカレーやら思いっきり食事をしていた。先に済ませてこいや。そのため、序盤のシーンから、サラダをほおばるシャクシャク音とか福神漬けをほおばるボリボリ音が聞こえて気になりまくった。

 

なんだっけ。あ、そうそうミュージアムね。

 

なかなかグロかった。フィクションのグロは大好きなので楽しかった。でも言うほどグロくないよ(どっちやねん)

しばらくご飯食べられなくなるレベルではない。食べ終わってすぐ唐揚げひとつ食べました。でも食人ぽいとこがあって(実際なんの肉だったかは謎)、観た翌日焼肉に行く女が見る映画ではないことだけは確かだった。

 

あと野村周平がたびたび吐く。野村周平小栗旬の部下(後輩?)なんだけど、死体を見ていつも吐く。全部受け止めてあげたい女がこの世にごまんといるんだろうな。わたしはそれはいいや。

 

そうそう、なんやかんやあって尾野真千子が泣きじゃくって小栗旬も泣きじゃくって子どもも泣きじゃくってるシーンで犯人が明らかに性的快感を得てて、なんか泣いてる人とか苦しそうな人を見て興奮するフォロワーさん何人かいるなと思った。(失礼)

 

泣きじゃくっている女優さんとか好きなんだが、尾野真千子の泣きじゃくりはなかなか興奮した(2度目)。尾野真千子の泣きじゃくってるとこだけで金払った価値あるなと思った。尾野真千子のパニックギャン泣きが見たい人は見て。

 

ちなみに小栗旬がかなり白目になる。白目ってほど真っ白ではないが白目の一歩手前みたいになることが後半度々あるので、流し目の小栗旬に夢を抱いているレディーたちは見るのをお勧めしない。あと妻夫木聡の役がイケメンみの強い役ではないので、イケメンの妻夫木聡に抱かれたい人もあんまりお勧めしない。

 

小栗旬が大声上げて泣いている姿や、小栗旬がパズルをする姿、小栗旬が大声を上げる姿、小栗旬が奇声を上げる姿、小栗旬がハンバーガーをほおばる姿、小栗旬が息を荒くさせている姿、小栗旬の目がイッてる姿、尾野真千子が失禁手前のメンタルで泣きじゃくる姿、妻夫木聡が痙攣する姿、ショタの運動会(昼間)が見たい人には非常にお勧めの映画だった。

 

こう書いたら意味のわからんAVみたいですね。

 

本作に出て来る殺人鬼はカエルの被り物をしている。(友人に大のカエル嫌いがいるので、グッズを死ぬほど買って帰ろうかと思った。)

そのカエルが妙にテカっててキモいのよね。わたしもカエルを「好き」に分類するタイプの女ではなく、ちょくちょくカエル見ながら引いてた。あ、カエルを見るだけでも無理って人にもお勧め出来ない映画だ。

そのカエル、まあ予告を見ればわかる通り殺人鬼なのだが、この手口がまたエグい。クソニートの家に上り込む際、鍵をかけているにも関わらず何故か外から鍵を開ける。もう鍵とチェーンだけじゃ安心出来なくなってしまった。寝るの怖いよう。けっこうこう言う表現が多くて、夜になったら不安になるわたしにはお勧めできない映画でした。

 

あ!そうそうそのニートなんだが、喋り方がもう半端じゃなくキモヲタで、すごい俳優を見つけたなと思った。太っているのも相まって「さしすせそ」が微妙に言えない感じとか最高にキモヲタクソニートって感じだった。全国のキモヲタクソニートの方々ごめんなさい。

そのクソニートがチャイムが鳴っても出ずに「死ね!」とか「日を改めろ!」とか言ってて推せた。おでんの卵を手づかみで食べていて面の皮と指の皮が厚いんだなあと思った。この前の晩御飯おでんだったのをなぜか覚えている。いつもなら忘れてるのに。

 

昨日は授業もしっかり出られたし満足だった。いやまあ死ぬほどしんどくて白目むきながら授業受けたんだけど、頑張ったと思うのでみんな甘やかして褒めてください。疲れた。来週も頑張る。来週も疲れよう。また明日

メンヘラの話がまとまらない話

 

 

未来を考えることが苦手だ。

 

明日のことって考えられないのに、でもすぐ来る明日に怯えている。頭をまわるのは嫌なシミュレーションばかり。明日も嫌な日になる、明日も楽しくないとかそんなことを考えながら寝ると、大体怖い夢を見る。

 

(相当眠いので話が飛び飛びになります)

 

たとえばいま部屋にある本棚。たくさん本を集めたけど、この本を捨てる日が来るのだろうか?来るとしたらいつ、どうして、と考え始めて、どんどん思考が飛んで悪いことを考える。

 

この癖気持ち悪いのでやめたい。

 

今日は眠たくて頭が回らない。

最近頭が回らない。1日の20時間を寝て過ごしたい。寝たい。どこにいてもいつでも寝たくて、どこにいてもいつでも帰りたい。家にいても。

むずかしいですね。(相当眠い)

 

5分前までご機嫌だったのに、一瞬で気分が落ちるのもやめたい。何か嫌なことがあったわけでもなく一瞬で落ち込む。経験したことはないけど、フラッシュバックみたいな感覚なのかもしれない。ふっと引き戻される感じ。首元をうしろに引っ張って暗闇に放り戻される感じ。

 

そういうときって、過去の嫌なことが鮮明に思い返されて気持ち悪い。やめたい。

 

わたしはたぶんこれからろくな人生を歩まないんだろうなと思う。

まず入った高校もダメでわたしの人間性もダメ、仕事は出来ないしすぐ休んでしまうからろくな仕事が出来なくて社会から捨てられてしまうのかもしれない。

 

思えば、常に誰かに捨てられることに怯えながら生きているかもしれない。

親や親戚、先生、友人や恋人、果てには自分にすら怯えている。捨てないで捨てないでと思えば思うほど、捨てられそうな状況を作ってしまって苦しむ。

捨てられること、嫌われることに怯えすぎて、わけがわからなくなってしまっている。

 

わたしが世界で一番幸せだったらいいのになと思う反面、わたしが世界で一番不幸であって欲しいと思う。みんなに心配されたい。気にかけて欲しい。結局かまってちゃんなんですわたしは。

 

あなたはわたしを捨てないでね。

 

あとイライラする基準が驚くほど低い。更年期かと。まだ18じゃ!!!

母が歌を歌っているだけで部屋のものを全部投げてしまいそうになる。クラスメイトの笑い声でも気が狂いそうになる。箸が転げただけでムカつくし、自分が誤字したら髪の毛を引きちぎってしまうくらい。

 

母が歌っているのはイライラする。殺してしまいたくなる。仲が悪いわけではないんだが、多分母が根本的に嫌いなんだと思う。死ね。

クラスメイトの笑い声も無理である。笑い声が変わってる奴とそうじゃない奴2種類いるがどっちも無理。ぶち殺してしまいたい。しね。

箸が転げてもムカつく。転げんなよ!と叫んで机を蹴りそうになる。いずれも叱られるのでしない。親が世界で一番怖い。死ぬことより怒られる方が怖い。

 

そんなこんなでイライラする毎日が続いている。ストレスではないけどイライラする。みんな死んで欲しいと思う。

 

あ〜〜誰でもいいから死んでくれ  今日も書くことがまとまらないただイライラしていることだけわかってください

イライラしてたら語彙力皆無になりませんかわたしはなるんですよ死ね、みんな死ね

 

なんでこんなにイライラしてるんだろう何にイライラしてるんだろう?怖いですねまた明日

メンヘラとストレスの話

 

 

ストレスというものと無縁な人生を送ってきた。

 

生まれてこのかた、ストレスを感じたことがない。いやこれマジ。本気と書いてマジと読んでる。すっとぼけとかでなくほんとに。

まず「ストレス」がどんなものかわからない。形がないものはいまいちわからない。最近ストレス溜まっててさ〜とか言う人たちの会話に「わかる〜」となったことがない。

 

多分わたしはストレスを感じたことがない。

不愉快なことがないわけではない。バカみたいに暑い夏とか大嫌い。でも別にストレスかと言われたらそんなことない。

ストレスが何かわからないから、仮にストレスを感じていたとしても認識していないからストレスにならないと思う。

 

ストレスって何だろうか?

 

わからないので辞書で引いてみた。

『 精神的・肉体的刺激によって生じる心身のひずみ.また,そういう刺激。』

 

…余計わからん。

精神的、肉体的刺激ってなんだ。心身のひずみってなんだ。わからないものがもっとわからなくなってしまった。

 

あと、仮にどんなにストレスを感じていたとしても人前には出したくない。Twitterは「人前」には含めないとして、授業に出たら出来るだけ明るく振る舞っていたい。ギャン泣きしながら授業出てたやつが何を言う、って思うけど出したくない。だから「悩みがなさそうでいいね」「ストレスなさそうでいいね」「人生楽しそうだね」としょっちゅう言われていた。実際あんまり悩みとかないと思う。今も。わたしは基本環境とか自分に甘えているだけなので、本気で悩んでいることなんて一つもないんだと思う。

頑張ってるな、と自分で思ううちは頑張っていない。ほんとに頑張ってるときは多分そんなこと考える暇もないくらい一生懸命だと思うから。

 

あ、でも、去年あんなことになって今なので、今は悩みなさそうとかまったく言われない。言えよ。ねえよ。

そんなこんなでストレスってあんまりひけらかすものじゃない。と思う。んだがどうだろう。

 

とりあえず、わたしはストレスと無縁のハッピーライフを送っていると日記には書いておこう。

 

あ、それと、なんでもストレスのせいにする奴が死ぬほど嫌いである。

胃が痛いのも頭が痛いのも腰が痛いのも歯が痛いのも、眠いのも疲れているのも、しまいには携帯ばかり触っているのもストレスのせいにしている人をよく見る。なんでもかんでも「ストレスで〜」と言う奴にろくな奴はいない。自社調べ。

 

自分でストレスと認識したときそれはストレスになるんじゃないだろうか?

 

なんだか都合が良いなあ生きるって。常に嫌なことは何か、誰かのせいにしながら生きていたから、明らかに自分のせいのときは誰のせいにしたらいいのかわからなかったんだが、今度からストレスのせいにしようかな。

 

わたしが生きているのもストレスのせいです。

 

ストレスのせいで眠たくて長文が書けないのでまた明日。お元気で

メンヘラの最近の癖の話

 

 

 

昨日は中学の頃からの友達とご飯を食べに行って来ました。

一生分の春雨食べた。

 

学校は、早退したい欲をなんとか押し付けて保健室で過ごした。1、2時間目と、4時間目の30分間出たので褒めて欲しい。明日は頑張ります。

 

今月がもう半分終わったらしい。日付感覚が狂いすぎてわからなかった。バイトを1ヶ月休職したので来月から行くのが気まずい。このままフェードアウトして辞められたら楽だけれど、うちの店長はそんなことさせてくれるほど甘ちゃんではないし、わたしもそんなことできるほど勇気はない。

 

学校でも家でもバイト先でもどこでも居場所がない感覚で(実際居場所はないんだけど)、誰かが殺してくれたら楽になれる気がしてならない。

 

前も書いたが、メンヘラとそうでない人の違いは「一歩踏み出すか」のところにあると改めて思った。メンヘラが人の迷惑を考えられないと言いたいとかそんなわけではなくて、リストカットにしろODにしろ何にしろ勇気がいることで、わたしはその勇気すらないから何にもなれなくて価値のない人間なんだと思った。きょう友人と話して思った。

 

去年、準備室の物をひっくり返しまくって大泣きしながら死にたい死にたいと連呼していたわたしはメンヘラに近かったのかもしれない。理性なんてぶっ飛んで、投げたいものを手当たり次第に投げていたし蹴りたいものは手当たり次第に蹴って、ギャーギャー叫びまくっていた。喉がヒリヒリしていた。大暴れしたせいで準備室の扇風機をぶっ壊してしまったがなんとかバレずに済んでいます。

今もたまにやるのだが、やっぱり「他の先生が来たら困らせてしまうし」とか思って、わんわん泣きながら自分のスリッパを投げて終わる。かわいい。

 

今年は去年よりは落ち着いている。去年よりしんどくて精神的には去年よりよっぽど大暴れなんだが、行動には出ていない。迷惑になるし…と思うのもあるが、そこまで動く気力がないのが正直なところである。

なんかもう息をするので精一杯なので、喉が潰れるほど泣き喚いて準備室を廃墟か?というレベルに散らかしまくることができない。

 

ただ最近体を引っ掻くことが増えた気がする。小学生のころからイライラしたら自分を引っ掻きまくったり髪の毛を引きちぎったりしていたんだが、去年他に当たりまくっていた頃は一切していなかった。それが今年はなんとなく増えた気がする。わかんないけど。気のせいかな。

 

泣くときも、前は大声上げて泣いていたんだが最近は静かに泣くようになった。かわいいでしょ。

ただ、なんでかわからないけど歩いてたら急に涙が出てくるときがある。ドライアイだからかも。

 

あと髪の毛を抜く癖をやめたい。気付いたら机の周りや布団の上が髪の毛だらけでホラー映画に近い。

髪の毛多いマンなのでわかりにくいが、右側の髪の毛ばかり抜くので右側の中の方はややハゲている。イライラしたら何本も引きちぎるんだがその時の痛みがなんとも落ち着くのでマゾかもしれない。

 

それから、なんでかいまいちわからないんだけど、あんまり物に興味がなくなった。大好きだった本を読まなくなったし、絵を描くのも、散歩も、エトセトラエトセトラ。多趣味だったんだが最近は趣味がほぼ無い。思いつかない。何もしていない。趣味がなくなったら自分が普段なにをしているのかわからなくて怖い(記憶力が熱帯魚並みだから今日のこともほとんど覚えてないけど)。

 

好きなことだけして生きて行きたいですね。

 

グロい映画が観たい。また明日。