読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏でやれ

ただのひとりごとです

メンヘラの話がまとまらない話

 

 

未来を考えることが苦手だ。

 

明日のことって考えられないのに、でもすぐ来る明日に怯えている。頭をまわるのは嫌なシミュレーションばかり。明日も嫌な日になる、明日も楽しくないとかそんなことを考えながら寝ると、大体怖い夢を見る。

 

(相当眠いので話が飛び飛びになります)

 

たとえばいま部屋にある本棚。たくさん本を集めたけど、この本を捨てる日が来るのだろうか?来るとしたらいつ、どうして、と考え始めて、どんどん思考が飛んで悪いことを考える。

 

この癖気持ち悪いのでやめたい。

 

今日は眠たくて頭が回らない。

最近頭が回らない。1日の20時間を寝て過ごしたい。寝たい。どこにいてもいつでも寝たくて、どこにいてもいつでも帰りたい。家にいても。

むずかしいですね。(相当眠い)

 

5分前までご機嫌だったのに、一瞬で気分が落ちるのもやめたい。何か嫌なことがあったわけでもなく一瞬で落ち込む。経験したことはないけど、フラッシュバックみたいな感覚なのかもしれない。ふっと引き戻される感じ。首元をうしろに引っ張って暗闇に放り戻される感じ。

 

そういうときって、過去の嫌なことが鮮明に思い返されて気持ち悪い。やめたい。

 

わたしはたぶんこれからろくな人生を歩まないんだろうなと思う。

まず入った高校もダメでわたしの人間性もダメ、仕事は出来ないしすぐ休んでしまうからろくな仕事が出来なくて社会から捨てられてしまうのかもしれない。

 

思えば、常に誰かに捨てられることに怯えながら生きているかもしれない。

親や親戚、先生、友人や恋人、果てには自分にすら怯えている。捨てないで捨てないでと思えば思うほど、捨てられそうな状況を作ってしまって苦しむ。

捨てられること、嫌われることに怯えすぎて、わけがわからなくなってしまっている。

 

わたしが世界で一番幸せだったらいいのになと思う反面、わたしが世界で一番不幸であって欲しいと思う。みんなに心配されたい。気にかけて欲しい。結局かまってちゃんなんですわたしは。

 

あなたはわたしを捨てないでね。

 

あとイライラする基準が驚くほど低い。更年期かと。まだ18じゃ!!!

母が歌を歌っているだけで部屋のものを全部投げてしまいそうになる。クラスメイトの笑い声でも気が狂いそうになる。箸が転げただけでムカつくし、自分が誤字したら髪の毛を引きちぎってしまうくらい。

 

母が歌っているのはイライラする。殺してしまいたくなる。仲が悪いわけではないんだが、多分母が根本的に嫌いなんだと思う。死ね。

クラスメイトの笑い声も無理である。笑い声が変わってる奴とそうじゃない奴2種類いるがどっちも無理。ぶち殺してしまいたい。しね。

箸が転げてもムカつく。転げんなよ!と叫んで机を蹴りそうになる。いずれも叱られるのでしない。親が世界で一番怖い。死ぬことより怒られる方が怖い。

 

そんなこんなでイライラする毎日が続いている。ストレスではないけどイライラする。みんな死んで欲しいと思う。

 

あ〜〜誰でもいいから死んでくれ  今日も書くことがまとまらないただイライラしていることだけわかってください

イライラしてたら語彙力皆無になりませんかわたしはなるんですよ死ね、みんな死ね

 

なんでこんなにイライラしてるんだろう何にイライラしてるんだろう?怖いですねまた明日